BIG BANG FX−6 評価

BIG BANG FX−6 評価

                販売終了     

 

BIG BANG FX−6 評価していきます。

 

BIG BANG FX−6 はシステムトレードになるのですが、システムトレード系の商材と
いうのは、評価が非常に難しいですね。

 

システムにおいて、今後長期的に機能し続けるには以下の2タイプが考えられます。

 

ひとつは、勝率40〜60%前後で、かなり大きなドローダウンを覚悟しておいて、最終的にプラスにもっていくという考え方のシステムになります。

 

(こういったタイプのシステムの考え方は、世界中の人が意識して、しかも今後も意識す
るだろうテクニカル指標を選択して、そのインジケーターのパラメータの数値も多くの人が
使用しているだろう数値を使い、ダマシを回避する為に複数の指標を組み合わせ、最終
的に自由度を奪わない程度のルールをシステム化する事になりますが、自由度に余裕
をもったシステムは、幅広く対応してくれる代わりに無駄が多く、どうしてもドローダウン
が大きくなる傾向にあります。)

 

 

そしてもうひとつは、途中で「最適化」を施しながら運用していく方法です。
ちなみに「最適化」を施して、その時々の相場に合わせる事を悪い事のように考えてい
る風潮がありますが、決してそんな事はありません。

 

 

 

確かに、単純に獲得Pipsが最も優秀なパラメーターの組み合わせを見つけるだけでは、
その殆どがカーブフィッティングに陥るでしょう。(勝率やPFも同じです。)

 

そうならないようにする為に、検証結果をグラフ化して、一部分だけ突出して良い結果に
なってしまう「プロフィット・スパイク」を避けて、程よく台形のようなグラフの形状になるル
ールを探し出し、それを更にウォークフォワードテストやフォワードテストを行っていく工程
も「最適化」と呼びますので、一概に全ての「最適化」が悪いと考えるのは間違いです。

 

 

上記のような検証やテストをやらないで済むような、ほったらかしで長期間ドローダウン
が少ないシステム、又は検証やテストを自動でやってくれるようなシステム等を追求し
て世界中の天才数学者達が日々研究していますが、いまだ開発されていません。

 

繰り返しますが、システムトレードにおいて、ほったらかしで長期間機能するのは、大きなドローダウンを覚悟したものか、「最適化」を施しながら運用するものです。

 

そして「BIG BANG FX-6」に話を戻しますが、こちらは後者の最適化をしながら運用
するタイプになります。次々とバージョンアップと称してマイナーチェンジやフルモデル
チェンジを繰り返しました。これが前述したようにキチンと検証とテストをしたものかどうか
は定かではありませんが、成績がふるわなかった為に、「最適化=今の相場に無理矢
理フィットさせている。」といった印象を多くの人に与えてしまったように感じました。

 

しまいには「自分でパラメーターを変えてくれ」みたいな事を言っていたのですが、実際
どうなったら、どう変えるのか?の解説が中途半端で、逃げ口上にしか聞こえませんで
した。

 

ただ、基本となるシステムの考え方はしっかりしていて、良く考えられていると思いま
す。

 

S●● ●● ●●やA●●等は非常に優れた指標で、その証拠といってはなんですが
今現在2009年でもリミット幅を狭くすれば「BIG BANG FX-6」は充分機能しています。

 

それだけに非常に惜しいと思います。パラメーターを、どうなったら、どう変えるのか?
の解説をしっかりしてくれれば、おすすめできる商材になりうる可能性は充分あります。

 

 

当サイト ポリシー

 

このサイトでおすすめするシステムトレード系の商材は、相場状況に合わせた最適化
の仕方もしっかりと解説されている商材か、もしくはその検証と計算を作者さんが代わり

 

にやってくれて、変更があったら、その都度お知らせしてくれるタイプのものです。

 

 

 

注意しなければいけないのが、しっかりと検証やテストをしないで、単純な最適化のみ
行って、購入者にお知らせしてくる販売者さんもいますので、そこらへんを出来るだけ
見極めて、皆様にお伝えする事が私達アフィリエイターの仕事だと考えておりますので、
(完璧に見極めることは不可能ですが)

 

そういった点に注目しながらレビュー等を読んでいただけると、より皆様のお役にたてる
と思っておりますので、よろしくお願い致します。

 

BIG BANG FX−6のレビューは以上です。

 

                販売終了